スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スワップとは

スワップとは、金利差のことです。

高金利通貨を買っていれば、スワップを貰うことになります。
低金利通貨を買っていれば、スワップを払うことになります。

例えば、豪ドル/円 ← この意味は、1豪ドルを何円でトレードするかというものです。
つまり、左側が基準の通貨になります。

豪ドルを円で買っていれば、スワップを貰えます。
逆に、
円を豪ドルで買っていれば、スワップを払います。


ここまで、買うことで解説していますが、売ることになると逆になります。


高金利通貨を売っていれば、スワップを払うことになります。
低金利通貨を売っていれば、スワップを貰うことになります。

豪ドルを円で売っていれば、スワップを払います。
逆に、
円を豪ドルで売っていれば、スワップを貰います。

要するに、

豪ドルを円で買う = 円を豪ドルで売る
円を豪ドルで買う = 豪ドルを円で売る

なので、円を使ってトレードする以上は、

豪ドルを円で買う = スワップ貰う
豪ドルを円で売る = スワップ払う


の認識で問題ありません。

また、FX業者を選ぶときにどこがスワップが多く貰えるのかと気になるかもしれませんが、
FXは利益を出すための大半が、安く買って高く売ることや、高く売って安く買い戻すことの
為替差益なので気にする要素ではありません。


為替ブログ FXの基礎知識
人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

本家サイト
特化情報
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム
免責事項
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。